超防水 EC-5000

住宅リフォームで最も多い不具合は雨漏りです。外壁のひび割れを放置するとそこから水が浸入し、建物内部の劣化に繋がり建物の劣化、雨漏りを引き起こします。大切な家を長持ちさせたいという思いから誕生した「伸びる塗料」でお家への水の浸入を防ぎます!

超防水 EC-5000の3つの特徴

防水性

超防水塗料とは?

一般的にアクリル樹脂塗料は、耐候性の低い塗料だと認知されています。しかし本来のアクリル樹脂は、透明度が高く、飛行機の窓や水族館の大型水槽に使用されるほど耐久性の高い素材です。アステックペイントでは独自の技術により、住宅への水の浸入を防ぐ超防水塗料を完成させました。

600%の伸縮率で水の侵入を防ぐ

一般的な塗料の場合、外壁にヒビが入ると塗膜も一緒に裂け、雨が降ると建物内に水が浸入してしまいます。それに対し、超防水 EC-5000シリーズのような超防水塗料は、600%の圧倒的な伸縮率で塗膜が追従し、建物内への水の侵入を防ぐことができます。

可塑剤を含まないから長期に渡って伸縮性を保持

一般的な弾性塗料は、塗膜を柔らかくするため、樹脂に「可塑剤」という成分が含まれていますが、3~5年で気化して弾性を失ってしまいます。対して超防水塗料は、樹脂そのものが弾性をもつため、長期にわたって伸縮性を保持することができるのです。

遮熱性

優れた遮熱性により近赤外線を効果的に反射し、室内温度の上昇を抑える

特殊遮熱無機顔料の使用により、温度上昇の主要因となる近赤外線を効果的に反射する塗膜を形成。室内温度の上昇を抑え、生活環境を快適にします。 ※EC-5000PCM-IRのみ

耐候性

期待耐用年数15年以上

促進耐候性試験(スーパーUV)600時間(15年以上)をクリアしました。フッ素樹脂塗料と同等の耐候性を持ち、塗り替え後の光沢を長期間保持します。

樹脂が大きく紫外線に強い

一般的なアクリル樹脂と比べると、約50~100倍の大きさを誇ります。そのため、紫外線により破壊される樹脂破壊ポイントが少なくなり、高い耐候性を保持することができます。

有機ガラス配合でさらなる耐候性を実現

有機ガラス成分(ポリカーボネート樹脂:電気製品や自動車など多くの工業製品に使用)をブレンドし、さらに耐候性を高めています。

お役立ち情報

  • WEB限定特別価格 外壁塗装リフォーム
  • WEB限定特別価格 屋根塗装リフォーム
  • ショールーム来店 お客様の理想の外装をご提案
  • 外壁屋根診断
  • 雨漏り診断
  • おすすめの塗料
  • イベント・チラシ情報
  • 塗装価格表
  • LINE簡単相談
  • 外壁塗装ローンについて
  • 受賞歴紹介